レーザー脱毛器 フラッシュ脱毛器

脱毛器を使って自宅で本格脱毛!

<家庭用レーザー脱毛器>

 

特 徴:レーザー脱毛は毛の形成部分にレーザーを当て脱毛する。

太く濃い毛は強い痛みを感じるが効果は高い。

 

家庭用レーザー脱毛器は医療レーザーと比べると出力はやや劣り、 照射の面積も狭いので効果が表れるまで時間がかかる。

 

レーザー脱毛機は痛いとのユーザーからの声が多い。

 

現在医療機関で行われている脱毛はこのレーザー脱毛が殆どです。
(医師が施術しますので、レーザーの出力は家庭用よりも高出力。医療用レーザーの効果は高く、短期間での脱毛が可能)

 

長 所: 威力が強く、脱毛効果は高い

 

短 所:
・ 危険性が高く、火傷などのトラブルの危険性
  (従って医療レーザーは医師しか取扱いできません)
・ 照射範囲が狭く時間がかかる
・ 照射したときの痛みが激しいので、デリケートゾーンに使うのは厳しい。
・ 生まれつき体毛が金色、赤色、白、グレーの人、肌の色がミディアムブラウンからブラックの人、日焼けをしている人は使用不可。

 

<主な製品>: トリア、トリアプラス(トリアと同じ商品)

 

 

<家庭用フラッシュ脱毛器>

 

IPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛とも呼ばれています。

 

医療用レーザーとは異なる波長のレーザーで、同様に毛根部分を破壊する脱毛方法、永久脱毛の効果があります。

 

エステで使われているものも同種のものですが、エステでは医療行為に当たらないように光の出力を弱くしています
(※毛根組織に影響を与えるような「脱毛」は本来医師にしか認められていません。過去にこの「脱毛」を行ったとして逮捕されたエステサロンが多数あります)

 

IPL脱毛の特徴は、毛のメラニン色素のみに効果を発揮する点です。

 

IPL脱毛で使われる光はインテンス・パルス・ライト(Intensive Pulse Light)というもので、この光を吸収した毛は発熱し、たんぱく質が熱変化することで脱毛するという方法です。

 

IPL脱毛は肌の表面に生えたばかりの無駄毛にも反応してくれ、剛毛から細くて目に付かないような産毛まで効きますから、脱毛後はすべすべの肌になります。

 

IPL脱毛は肌への負担が少ないので、ビキニラインやおへそ周りにも効果的です。

 

脱毛効果が高く、しかも施術中の痛みも少なくて、脱毛後の肌荒れを気にせずにできます。

 

また、IPL脱毛などの光脱毛で使用される光は、波長の長さが380nmから800nmの可視光線ですが、可視光線は肌を活性化してくれる効果も期待でき、キメを整えて毛穴も引き締めてくれるので、脱毛しながら美肌も出来るとされています。

 

女性にとってはそこも大きなメリットで、IPL脱毛は今後も一層人気のある脱毛法となると予想されています。

 

メラニン色素のみを変化させて毛と毛根を処理してくれるので、効果がありながら肌に与える刺激も少なくて済み、痛みや熱さも比較的軽くて、レーザーなどで有りがちな火傷も心配もありません

 

IPL脱毛は光エネルギーを使う脱毛法で、施術中は照射と停止を繰り返す事で肌の温度が上がりにくく、肌へのダメージが少ないのも特徴です。

 

また、IPL脱毛は1回あたり10×20mm程度の脱毛ができ、施術範囲が広い事も知られています。

 

施術範囲が広いため掛かる時間も短く、効果の高さと相まって人気のある脱毛法として定着しつつあります。

 

なお、IPL脱毛での脱毛効果を上げるには、複数回施術することが必要とされています。

 

エステでの光脱毛について

 

先に書きましたが、本来エステでは薬事法・医師法によって、医療行為である「脱毛」を施術することは禁止されています。

 

ほとんどのエステでは同じ光脱毛で施術しているのですが、お客さんに火傷等のけがをさせて営業停止になることを恐れ、意図的に低出力で施術しているところが多くなってきています。

 

そのため、従来よりも効果が出るまでに時間がかかったり、お客さんから効果が無いという苦情も実際にあるようですね。

 

無制限で脇脱毛が受けられるキャンペーンをやっているエステもありますが、こんなところにも理由があるのかもしれません。


 

日本では、「トリア」以外の家庭用脱毛器のほとんどがこの光脱毛方式になります。

 

改良が加えられ、最近の家庭用光脱毛器では出力もエステと同等もしくはそれ以上のものが出てきています。

 

自己責任で出力も変えられますので、エステで実際に受ける出力より強くする事ができ、効果が出るのもエステより早いぐらいになっています。
(※ 自分で「脱毛」することは薬事法違反にはなりませんので、問題ありません)

 

使用頻度は、毛周期の関係もあり、毎日打っても無駄。10日に1回程度で、2−3ヶ月ぐらい経つと効果が実感できる人が多いようです。

 

 

TOPページに戻る

 

レーザー脱毛器とフラッシュ脱毛器関連ページ

家庭用脱毛器の種類
今売れている家庭用脱毛器について比較しています。