陰毛の処理に毛抜きはトラブルのもとです。

毛抜きを使った脱毛は、肌トラブルのもと!

ムダ毛を自己処理する場合、毛抜きを使う女性が多いのではないでしょうか?
毛抜きはとても安く手に入れることができるうえ、ムダ毛を根元から抜いていくので、
仕上がりが綺麗だということも、人気の理由です。

 

しかし、この毛抜きを使った自己処理はデメリットがいっぱいなのです!

 

埋没毛というのをご存じですか?
これは、毛抜きでムダ毛を抜く時に、上手く抜くことができず、
途中で切れてしまった毛が皮膚の中で埋もれてしまったものをいいます。

 

こうなると、皮膚の下にうっすらと透けて、渦をまいたムダ毛が見えてしまい、
見た目がよくありません。

 

もし埋没毛になってしまった場合は、消毒した針等で皮膚を削り、埋もれた毛を出してあげましょう。
この時に、出した毛を毛抜きで抜いてはいけません!
抜いてしまうと、また埋没毛になってしまいますよ。

 

その他に、毛抜きでムダ毛を抜いていると、毛穴が盛り上がり、
鳥肌のようになってしまうことも。

 

これは、ムダ毛と一緒に皮膚もつまんでしまうことによって起こるのです。

 

毛の流れを無視して、無理矢理毛抜きで引っ張ると、毛穴に負担がかかります。
すると、皮膚が引きつれ、毛穴一つ一つがぷくっと膨らんでしまうのです。

 

また、開いた毛穴に雑菌が入り、毛嚢炎という毛穴の病気になってしまうこともあります。
毛嚢炎とは、毛穴が膿んでしまった状態の事です。

 

毛穴ひとつひとつが膿んでいる状態を想像してみてください。
・・・ぞっとしますよね。

 

もしこのような状態になってしまったら、皮膚科に行きましょう。
あまりにひどい場合は、化のう止めの薬を処方してもらえるので、それを塗って治しましょう。

 

いかがですか?
この記事を読むと、毛抜きによるムダ毛処理がいかに危険なものかわかりますね。

 

毛抜きの自己処理は、毎日のお手入れをしないで済むし、見た目も綺麗なため完璧に思えますが、
相当上手く抜かないと、肌が綺麗になるどころか汚くなってしまいます。

 

美肌を目指したいのであれば、一刻も早く、毛抜きを使った自己処理をやめましょう。

 

 

毛抜きの自己処理はトラブルのもと関連ページ

陰毛処理のメリットとは?
最近ではアンダーヘアの処理をする人が増えてきているようですが、そのメリットをご紹介します。